7月3日 Wind Mill release party


楽曲ごとに描きおろしたドローイング等、
作品19点を展示しました。
作業を手伝ってくださった、作家の青木友紀さんに大感謝!!!
ごはんも食べる時間がなくてごめんなさいっ!
(当日夕方からしか作業ができず、かなり時間がなかった。。。)
青木さんとは初対面でしたが、会場の案内もしていただいて、
展示レイアウトで私がやりたいことを、
すんなりと作業で答えてくださいました。
お互い感性が近っかたようですね。
明るい笑顔に緊張も和らぎ、かなり助けられました…
ほんとうにありがとう!
こんな経験は初めてでしたが、また一緒に何かできたらいいね、と
ほぼ同じ歳だったのもなんだかうれしかったです。

なにはともあれ、関係者の皆さま、
おつかれさまでした&ありがとうございました。
| 東京レポート | 17:02 | - | - |
見つけたー!
100630_1726~01.jpg
タワーレコード新宿店!
東京滞在満喫中〜
| 東京レポート | 11:30 | - | - |
nature bliss
東京滞在中、naph(大原)さんが前に働いていらっしゃった
nature bliss」におうかがいしました。
nature blissのみなさんはとってもキュートな印象。
イラストレーターの小川サトシさんと代表の杉本さん(mondii)
はお話がとても楽しい方々です。
nature blissブログに私が訪問していたことを書いてくださっ
ています。

そのコメントの一部
「川村さんの絵は一見柔らかい印象ですが、広い、というか
 見ているうちにどんどん視界が開けていくような、不思議
 な遠近感を持っていて楽しいです。大原さんの音と同様、
 普段のスケール感が消失して新しいものが立ち上がってく
 るような、この取り合わせに納得です。」

この感想を読んだときにハッと気づきました。私は昔から、
「とおくもちかくも、おおきこともちさいことも、
 すべて同じくして在る。」
と感じてきたので、そういう感覚が不思議な遠近感として
あらわれてきているんだと思います。

作品を実際に持って行き、お話をした時には
「サイケデリック」「無重力」
という言葉もいただきました。
初めてもらった感想で、びっくりしましたが、
なるほど。
思い当たるところがあったのでとても胸に響きました。

東京でまたおうかがいしたい場所のひとつです。




| 東京レポート | 00:00 | - | - |
自然のかたち
100403_1455~02001.jpg100403_1454~01001.jpg
100403_1312~03001.jpg100403_1314~01001.jpg

小石川植物園にて散策&お花見。
東京在住の下津浦瑞希とその娘の風穂と芝生の上でおにぎりを。

夜行バスで今朝東京入りしてます。

下津浦とのユニット「風色-fuushiki-」のワークショップを
6月頃行うことになりました。


夜は「表現」というバンドのライブ。
佐藤公哉さん(バイオリン&歌)、
権頭真由さん(アコーディオン&歌)は、
去年11月の風色の蔵でのパフォーマンス「Empty note」
で音楽を担当してくださいました。

とても素敵な才能のある方々です。

公哉さんと真由ちゃんに、何かお土産をと思い、
植物園で拾った木の皮と蔦で冠をつくりました。

自然のかたちは、素直に美しく答えてくれる。

「表現」も、素直に「音」を楽しんでいる人達だと思います。

会場の根津教会も端正なつくりの素敵な建物でした。


とても自然な流れ。
やわらかくなる。

| 東京レポート | 01:26 | - | - |
東京 打ち上げ
100314_1938~01001.jpg   100314_1949~01001.jpg


3月14日(日)「弥生吉日」打ち上げ。
みずのそらにて。
たまたま来ていた、ジュエリー作家さんお二人もご一緒。
オーナーの小峰さんやご近所の白水さんがいろんな料理
をつくってくださった。
それがどれもおいしくて、こう、アットホームな雰囲気。
おつかれさまで乾杯〜!
先週も集まってお食事会になった。
その時は、仲良くさせていただいている、
井上陽子さんが見に来てくださったから。
みずのそらで展示をさせていただくことになったのも、
陽子さんとの縁がきっかけ。
実は大学が同じだったりして、関西の方。
出会ったのは大阪iTohen

こうやって東京や関西、土地に関係なく、いろんな人に
出会うのはとても勉強になります。

ありがとうございます!




| 東京レポート | 00:00 | - | - |
光と風
100314_1055~01.jpg

夜行バスで東京へ向かい、
2、3泊してはまた夜行バスで関西へと、
2週にわたって動いている。
なんだかどこにいっても旅模様。
でも自然に流れている。
よい気だ。

100314_1150~01.jpg   100314_1136~01001.jpg
午前中は千駄木へ。
パリットフワットというパン屋さんへ行き、
ジンジャークッキーとよもぎパンとベーグルなど
いろいろ買い込む。たまに食べたくなるくらいおいしい!
ハラペコだったのでほうばりながら公園へ向かう。
下津浦瑞希とその家族と近所のお餅つきへ。
千駄木にある蔵の横の公園で開催されていて、
去年のパフォーマンス公演に蔵を使わせてもらったので
ちょっとお礼まいりもかねて、ごあいさつ。
そしてもう、お餅をたらふくたべました。
豚汁まで煮炊きしていて、本当に地区の催し!
ものすごいうららかな春の陽気に、寒桜は満開だったし、
もくれんかこぶしは満開で、真っ青な空に冴えていた。
敷かれたゴザに座って、のんびり。

風がやわらかく吹き抜けていた。
たっぷり光合成、たくさんの呼吸。

春と展示の緊張感の中で、つかの間の休息。


| 東京レポート | 13:00 | - | - |
こもれびとひだまり

| 東京レポート | 20:16 | - | - |
みずのそら
100305_1408~01.jpg

6日から東京西荻窪のギャラリーみずのそらでの展覧会
「弥生吉日」がはじまりました。

搬入は順調に進み、思いの他早く作業ができたのは、
オーナーの小峰恵子さんの的確なプロデュース力でした!
お人柄もセンスも気遣いも、素晴らしくて、ほんとうに
「みずのそら」で展示ができることをうれしく思います。

そして空間が何より素敵で、作品を配置してみると、
壁の木目と調和して、まるで水面に揺らいでいるようです。
(それを発見したのは小峰さん!)

土日と雨模様だった東京。
みずの日々、でした。

新作を約30点展示しています。
ご一緒させていただいている、杉橋よしえさんの布工作、
みずたま雑貨店さんの古道具も、手のぬくもりを感じる
やわらかい雰囲気で素敵です。

春めかしてます。

今週土日も在廊しますので、東京の方はぜひお越しくださいませ。


| 東京レポート | 22:46 | - | - |
東京
100305_0924~01.jpg

3月5日(金) 快晴
搬入。

東京は都市としての機能と、街ごとの役割がはっきりしっかり
しているところが好きです。

あと、街中への緑の組み込み方が上手だなと、いつもハッとさ
せられます。
けれども「緑」であって「自然」ではないのですが。。。
古い大きな木々が街中の公園内に普通に存在しているところが
すごいです。

| 東京レポート | 18:03 | - | - |
| 1/1PAGES |