<< 考え方の体操 | main | 芽吹きの春は >>
ごはんですよ
ハンバーグとコロッケの夢
父が夢に出てきて
ご機嫌に食卓を皆で囲んで、うれしそうに晩御飯を食べていた。
ある日はハンバーグ。その日の夕食が本当にハンバーグだったから。
ある日はコロッケ。
あくる日に美味しそうなコロッケをスーパーで見つけて買って帰りました。

私の夢はとてもリアルで、数年前から匂いや味、温度や触覚も感じられるようになりました。
なんの能力が発達したんかな。
カラーなのは昔からだけれど、不安な夢はセピアっぽい。

これは夢の話だけれど、父はいつもご機嫌なので、よかった◎
最期はご飯も食べれない状態だったので、食卓の夢なのは、うれしいです。

ぐだぐだな私も今日はお昼と晩御飯を家族分つくったら、ちょっと元気が出てきたような気がするから不思議。

お昼は野菜をたっぷり入れて、はこべの焼きそば。
晩御飯は、サバとブリの塩焼き、椎茸と小蕪と豆腐のお味噌汁、卵焼き、キャベツと豚肉炒め。

おばあちゃんが先週から同居し始めて、ご飯をおいしいおいしい、と食べてくれるから、かわいいおばあちゃんです◎

私は料理も段取りとかできないままに作っているので、あたふたしながらですが、やっぱり食べることは生きること、つくることも含めて、大事だな、と実感しました。








| - | 23:51 | - | - |