<< 春風とwaltz | main | つかまえていてね >>
7年後の3.11

 

3.11.
7年前、私は関西に住んでいました。
お薬をもらいに行った病院のテレビで地震を知り、後で津波の映像を見ました。

その日は、東京へ物件の契約をしに行こうとしていた前々日で、それからは関東はバスも鉄道も運行がままならない状況、余震に停電、帰宅難民、原発の爆発。

東京へ移住する予定だったので、マンションも仕事も3月末までの契約にしていたため、出なくてはいけない、けれど東京へはいけない。
ひとまず高知に帰ってくることになりました。(マンションは1ヶ月延ばしてもらえました)

実は私も東日本大震災で生き方が変わったひとりです。

東京へ行っていたら今も高知には帰ってこれていなかったかもしれません。

そのような経緯で、流れるように帰って来た私は、ようやくここ2年ほどで高知に居ることと自分の気持ちや状況が整ってきたように、なぜ帰ってくることになったのか、運命のようなものを感じるようになりました。
父のこと、家族、大事な人達、出逢い。

実際に被災され、今も困難な生活を強いられている方々、失われた命、故郷、祈りと思いを馳せます。
状況が少しずつでも改善され、心の平和が訪れますよう。

 

 

 

 

 

| - | 23:12 | - | - |