<< お待ちしております。 | main | River Waltz 2018.9.8―30 >>
わからない

20181001_1788701.jpgうーん

そんなものなのかなぁ、

私にはわからないけれど、

それぞれの価値観なのかなぁー

私は自分が大事だと想う人の
頑張っていることは
応援したいから、
何かあれば会いに行く。

その為に多少の無理をしても時間をつくってきた。

休みが取れない時は、
仕事の時間をちょっと時間を遅らせてもらって、一瞬でも顔を出す、不安にならないように、行動で示したり。

お昼休み抜け出して、
何かの用事と重ねて合わせて、ついでになってしまって、全然ちゃんと出来なくても、やっぱり行きたい。
と思うのだけれど。。。

展覧会は特にその時しかないので、できる限り行きたいし、予めわかっているなら、その為に予定を空けれるようにしたり、何か用事と組合せて行けるようにする

んだけどなー

大事なのは、「会いに行きたい」って気持ちなのだ。
それは人も作品も場所も同じこと。

気持ち、があってこその展覧会。

仕事が大事なのも、展覧会を企画する側の責任感やいろんな配慮に業務が重なって大変な状況なのは、よくわかるから、何かを否定しているわけでもなくて

私も展覧会は仕事であり、作家としての生命線でもあるので、いろんな状況、いつも抱えてるし、葛藤もやりがいも、わかる。

けれど、感覚的、気持ち的に、わからないと思ったのでした。

単純な話、
「見に来てほしい人にわざわざ見に来てもらえたらうれしい!」ということかなー
(もちろん、遠方の方もお近くの方も、どなたもありがたいし、うれしいです◎)

今書いてて、もやもやがわかったかも。
うん。
ただ、それだけのことかも。

責めてるわけではない、自分のもやもやを整理中。

今お互いにそれぞれで頑張っていることが、土台となって、将来的にもっと基盤となるような、実績をかさねている時期なんだろうな、とも、思ったり、ちょっと先を見ているんだろうな、という気はしている。

そこを伝えようとしてくれないと、結局のところ、わからないから、
大丈夫かな?進んでいけるのかな?
とやっぱり不安にはなるのだよ、今の状況だとね。

だから、ちゃんと後フォロー(SNSに過敏になることはしなくてよくて←周りを巻き込んで大変なことになるし、本質とは違う部分で誤解を生むから)してよね。

そして、何度もうっかり手放さないで!

予定を立てて、実行していける仕組みづくりが必要やね。











 

| - | 11:25 | - | - |