空と窓

家の2階の部屋が空いたので、
2階に引っ越しつつあるこの頃。

窓辺で寝ていると
夜は星が見えて、
朝は光が眩しいくらいに入ってくる。

奈良の生駒山の麓のマンションに住んでいた感覚に似ていて、心地いい。

そのマンションは南向きにベランダがあって、光が降り注ぎ、とても明るかった。

望む景色は、森と空が繋がるかのように広がっていて、新緑や山桜が咲くのを、日々の中で呼吸をするように感じれていた。歩いて五分もかからぬ間に森と沢の水の中へ迷い込めた。
駅からマンションへは、山へと向かう急な坂道をぐんぐん登っていくしかない道も、雪が積もれば住人が坂道を雪かきしていた姿も、いろんなところにつくられていた雪だるまも、桜並木の参道に桜吹雪の舞う美しさも、坂の街の景色だった。

 

不思議と、そのマンションに住んでいた頃は、ひとりで住んでいても、さみしいと感じたことはなくて、住人や大家さんの優しさに包まれた、ヘンテコリノベーションマンションだったなぁ。

そう、
空と風と光が近ければ、
私はとても安堵感があって、更に山の気配があれば(鳥の鳴き声)落ち着くことを思い出す。
これはとても大事なことだったわ◎

海も近ければ、いいのにな。

海がみたいな◎

 

 






 

| - | 11:00 | - | - |
海外
8月に韓国のアートフェアに参加します。

ASIA HOTEL ART FAIR SEOUL 2017
会期8月24.25.26.27日(木〜日)の4日間

日程としては23日(水)〜28日(月)まで渡韓します。

今年は海外に行ける機会を展覧会という形でいただけることが、感慨深いです◎

まさかの韓国、というのも唐辛子のからいのがダメなので、毎日サムゲタンかな。。。薬膳っぽいものがたのしみです◎

ずっと海外へは行きたかったのですが、個展や展覧会だけでも大変で、国内旅にも時間とお金を注いできてしまったのと、あまり長期休暇を取るには、仕事もあるし、けれど行くなら長く行きたいし、で、結局そこまで回らなかったので、やっとです。

これを機に、これからの一年は海外旅にもいくつか行けたらいいなぁ。小さいスケッチブック持って長期もいいな◎
日記のようにスケッチと言葉で綴るようなことも、たのしそう。


たのしみを、つくる。


いつかベルリンとかで個展とかできたら夢のよう。(これは妄想だけどー)









| - | 22:10 | - | - |
好きなように生きたらいい
「好きなように生きたらいい。」
(みんな結局は好きなことをしているんだから、好きなことをしていいんだよ、人生一度きりだから、という意味合いで)

「迷惑かけてもいいじゃない?」
(人はみんな迷惑かけずには生きられない、という意味合いで)

という言葉を年上の方からかけてもらったことがある。

その時25歳だった私は、とても思い悩んでいて(これは性格だから今もだけど)、自信もなく、やってきたことはあっても、それがこの先世の中でどうなるのか、通用するのかとても不安だった。
どう進んでいいかわからなかった。
けれど、まだまだ感性の赴くまま興味のある世界に触れて(分野としては少数派で狭くて深い世界だったけど)、気になる全てを制作を通して繋げたかった。

そして私に残ったのは絵という表現でした。
(これは私の場合だけれど)

人にはそれぞれの生き方があって、いろんな巡り合わせの中で、選べることも選べないことも、たくさんの矛盾も、いろんなものひっくるめて、
自由に生きていけることができるといいんだと思う。

やりたいこと(夢や目標)については、想いと意思を持っていれば、周りは自ずとついてきてくれるのかもしれず、私もそんな人を影ながら心の中で応援し続けていたいです。


好きなように生きていいんだよ、って












| - | 01:25 | - | - |
ぼーっとする

日々は
あれやこれやとせわしなく
いろいろ考えてしまうけれど

朝から仕事だった日は
一息つくのに
コーヒーもいいし
紅茶もいいし
番茶もいいね
おやつも何かしらあればいいね◎

暖かい日は窓を開け放してたら
鳥の声がにぎやかで
いろんなお話をしているよう
窓辺には夕日が差し込んで
明るくて


そんな春の陽気を眺めている、午後。


どこでもないどこかへ
旅に出て戻るかのように
ぼーっとする。







| - | 15:50 | - | - |
春色

__ 2.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

__.JPG

 

そして

こころ落ち着くのは

やわらかな白

 

 

 

 

 

 

 

| - | 21:03 | - | - |
芽吹きの春は
今日は朝から仕事だったので
昨日の晩御飯をお弁当に詰めて持って行きました。

帰ってから、夕方おばあちゃんと、家の目の前の土手を散歩しました。
夕焼け前の光が燦々と美しく、黄色い菜の花、白い水仙の花の群生、花びらが陽に透けてほわんと溶けて、美しかった。
鴨たちが川で、潜ってはおしりをぱたぱたさせて藻を食べている姿を、おばあちゃんと眺めていました。

高知に帰ってきて何より思うことは、
光が美しい、
ということ。

春は陽気で心にくすぐったいような光です。

風景は、同じ場所や土地でも、ずっと知っているような景色でも、自分次第で感じ方がちがうもの。
四季の移ろいにハッとさせられる日々を、願わくは健やかな心身とともに、在りたいものです。

あなたにとって
懐かしくて瑞々しい、心の拠り所となるような風景はどこですか?
心当たりがあると幸せですね◎










| - | 18:32 | - | - |
ごはんですよ
ハンバーグとコロッケの夢
父が夢に出てきて
ご機嫌に食卓を皆で囲んで、うれしそうに晩御飯を食べていた。
ある日はハンバーグ。その日の夕食が本当にハンバーグだったから。
ある日はコロッケ。
あくる日に美味しそうなコロッケをスーパーで見つけて買って帰りました。

私の夢はとてもリアルで、数年前から匂いや味、温度や触覚も感じられるようになりました。
なんの能力が発達したんかな。
カラーなのは昔からだけれど、不安な夢はセピアっぽい。

これは夢の話だけれど、父はいつもご機嫌なので、よかった◎
最期はご飯も食べれない状態だったので、食卓の夢なのは、うれしいです。

ぐだぐだな私も今日はお昼と晩御飯を家族分つくったら、ちょっと元気が出てきたような気がするから不思議。

お昼は野菜をたっぷり入れて、はこべの焼きそば。
晩御飯は、サバとブリの塩焼き、椎茸と小蕪と豆腐のお味噌汁、卵焼き、キャベツと豚肉炒め。

おばあちゃんが先週から同居し始めて、ご飯をおいしいおいしい、と食べてくれるから、かわいいおばあちゃんです◎

私は料理も段取りとかできないままに作っているので、あたふたしながらですが、やっぱり食べることは生きること、つくることも含めて、大事だな、と実感しました。








| - | 23:51 | - | - |
考え方の体操
いろいろ真剣に受けとめたり、取り組もうとするからしんどくなるし、こわくなったり、不安が増して腰が重くなる。
そんなこんなでプレッシャーに感じてしまいがちなので、全部「あそび」に集約?置き換える、ようにしてみるといいかもしれない、と思い付き。

例えば

アトリエを持つ、というあそび。

何かしらの集まりに行く(勉強会も含むイベントなど)、というあそび。

旅に出る、というあそび。

働く、というあそび。

歳を重ねる、というあそび。

話す、話を聴く、というあそび。

などなど、

そうしたら、あそんで学んで暮らすことが可能やな、って。

まぁ、ようはたのしむための思考法を探っていけたら、自分にも人にも好影響なんだろうな、って思う。

自由に生きるには工夫がいるみたい◎








| - | 12:38 | - | - |
メモのように
メモのように綴っている、この頃です。
| - | 06:10 | - | - |
あそぶ と まなぶ

人との関わりで
こわがっていた部分があって
これはずっと、
どうも自分の繊細さや脆さがそうさせていたようで、
コミュニケーションも元々下手なのです。
長く喋っている時は、けっこうテンパっているような気がします。がんばって喋らなきゃ、って。
がんばらなきゃスイッチがあるようで、何事もそのスイッチが入るとがんばってしまいます。
これをオフにするのにも時間がかかるのかもしれません。
いつも何をしていても制作とつながって過ごしてきたので、

もっと気楽に、あそぶ、たのしむ、ということを初めて始めたい。

もう、いい歳なんですけど、そんなことがとても必要な気がしています。
考えすぎず、視野を広く、他者や他国を知り、違いを知り、共通項を確認し、共有したり、したいなぁ。
これって学ぶことにつながってるわ。

制作は苦しい作業なので、ちょっと距離を置きつつ。

何よりも、こわがらずに人の話を聴けるようになりたいです。

そしてやっとこれからできそうな気がしています◎




| - | 23:50 | - | - |
<< | 2/94PAGES | >>